復帰摂理歴史の真実

無料カウンター
慶長奥州地震津波と慶長遣欧使節 <トップ> 寺請制度と隠れキリシタン

■ 2. キリシタン禁制と寺請制度
     i. 島原の乱とキリシタン禁制


島原の乱


「山田右衛門作口書写」

 島原の乱でただ一人生き残った男・絵師山田右衛門作の生涯.pdf  神陵文庫 第26巻  家木裕隆 著


 山田右衛門作 (やまだ えもさく)

 島原の乱の唯一の生存者でキリシタン、洗礼名はリノと言われた南蛮絵師

 島原の領主であった有馬氏に仕え、セミナリヨでイエズス会の神父から南蛮絵 (西洋画) の技法を習得し、高い評価を得ていました。

 左の図は、山田右衛門作の作であるとされている 「天草四郎陣中旗」 ですが、元来はキリシタンの儀式用に作られたもので、字くずしに菊の花の地模様があり、中央には葡萄酒を満たしたカリス (聖杯) とその上に十字の上が短く下が長いラテンクルス (羅典十字架) を付けたオスチア (聖餅) が描かれています。これはイエス・キリストがゴルゴダの丘で処刑される前夜の最後の晩餐で弟子たちに 「取って食べよ、これはわたしのからだである」 と言って与えたパンであり、キリストの聖体とされています。

 なお、旗の上部の文字は古ポルトガル語で LOVVADO SEIA O SANCTISSIMO SACRAMENTO と記されています。この意味は 「いとも尊き聖体の秘蹟ほめ尊まれ給え」 と言われています。





 慶長19年 (1614年) 6月、領主有馬直純日向県城へ移封される2年前に発せられたキリシタン禁教令に従って棄教し、キリシタン迫害を強化しました。この時、山田右衛門作を含め多くの家臣が日向に移らずに有馬に残り、後の島原城主松倉重正のお抱え絵師となった山田右衛門作は、島原の乱で原城に籠城したとき、天草四郎直属の親衛隊五百の指揮を委ねられたのです。

 この一揆軍が追い詰められると、原城を八日間で修復して籠城しますが、兵糧攻めで窮地に追い込まれてしまいます。右衛門作の旧主である有馬直純によって降伏へ向けての会談がもたれましたが、そのことが結果的に裏目となり、右上門作は捕らえられ牢に閉じ込められると、見せしめとして妻や子は処刑されました。

 すでに戦は時間の問題でした。寛永15年2月28日 (1638年4月12日、ついに原城は落城しました。一人も生かして残すなという下知に、百姓はもちろん、女子供に至るまで一人残らず殺されました。最近の発掘では、無数の人骨の中に、鉛で作った十字架や黄金の十字架もありました。

 落城の日に、松平信綱は城中を探させると、牢に閉じ込められていた山田右衛門作を発見し、落城前に何とか乱を終わらせようと苦しんでいたことによって命だけは助けられ、信綱の保護の下で長い取調べを受けて供述書として書かれたのが 「山田右衛門作口書写」 です。


小西家と益田家

 島原実録物から見る 「天草四郎」 美少年像の成立.pdf
      陳 其松 (国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)   ダウンロードページ


 天草は小西行長、島原は有馬晴信の旧領で、領民のキリシタン信仰は根強く、信仰を棄てかねた遺臣たちが浪人となって雌伏の時を、関が原の戦いや大坂の陣などで実戦経験を積みながら生き残っておりました。

 小西行長は、関が原の戦いで西軍に参加したために捕らえられて慶長5年10月1日 (1600年11月6日 斬首となり、有馬晴信は1612年に起きた岡本大八事件での贈賄の罪を問われて甲斐国初鹿野に追放され、その後に切腹を命じられました。

 この頃、有馬直純は徳川家康のひ孫国姫と結婚します。国姫は堀越後守忠俊離婚した人であり、また直純もこの結婚を実現するために妻 (洗礼名をマルタという小西行長の姪) と別れています。このように教会の教えに背いてまでも野心に燃えて家康と手を結び、自分の父 (晴信) を甲斐の国に追放し有馬の大名となったのです。

 このため、晴信の息子直純は家康との縁が深かったために連座を免れ、父の所領を受け継いで肥前日野江 (島原) 藩主となりました。同年の江戸幕府による禁教令に従い改宗すると、領内のキリシタンを迫害したのです。また、慶長18年 (1613年) 4月25日には、長崎の奉行長谷川左兵衛と国姫の勧めにより父 (晴信) とその後妻・ジュスタの間に生まれた8歳と6歳の異母弟を殺害しています。

 しかし、これらのことから良心の呵責に耐えかねて嫌気がさし、幕府に転封を願い出て、慶長19年 (1614年) 7月に日向延岡に5万3千石の所領を与えられました。寛永14年 (1637年 に旧領で起こった天草・島原の乱においては、地理に明るいことから4000名近い軍団を率いて征伐軍に加わり、乱を起こした自らの旧臣や元領民と対決したのです。

 直純の後島原には松倉重政が入り、更に過酷なキリスト教追放政策を実施しました。





 天草四郎の本名は益田四郎で、小西行長の遺臣・益田甚兵衛の子として母の実家のある天草諸島の大矢野島 (現在の熊本県上天草市) で生まれたとされています。

 四郎の秀頼落胤説は、馬印が豊臣秀吉のものと同じ瓢箪であることなどから、大坂夏の陣において死去したはずの秀頼が大坂城を脱出して薩摩へ逃れていたとする論拠で、豊臣家権威の糾合を図ったとも考えられています。豊臣秀綱という名があったと鹿児島での書物には記されています。


参勤交代と諸藩の弱体化



 参勤交代とは、各藩の藩主を定期的に江戸に出仕させる江戸幕府の法令のことで、将軍に対する大名の服属儀礼として寛永12年 (1635年徳川家光によって徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的に制度化されました。

 この制度では諸大名は一年おきに江戸と自領を行き来しなければならず、江戸を離れる場合でも妻子は江戸に常住しなければなりませんでした。国元から江戸までの旅費だけでなく江戸の滞在費までも大名に負担させていたため、各藩に財政的負担を掛けると共に人質をも取る形となり、諸藩の軍事力を低下させる役割を果たしたと言われています。


領主と領民


 松倉重政はもと大和国五条で1万石の領主でした。大坂夏の陣での武功により元和2年 (1616年 肥前日野江城の藩主として4万石に加増されました。重政は格式を上げるために今の島原城の地に東西380メートル、南北1320メートルの広大な塀を巡らせ、本丸には5層の天守閣、二の丸、三の丸にもを築き、7年あまりかかって10万石級の壮大な城を完成させ、自ら進んで石高を超える負担を申し出て幕府の心証を良くする事に専念しました。

 このため領民は、家の中に棚をつくれば 「棚銭」、窓の数により 「窓銭」、赤ん坊が生まれると 「頭銭」、人が死んで墓穴をほれば 「穴銭」 と考えられる限りの苛酷な税負担を強いられたのです。

 こうした税を納められないと、妻子や老人を人質にとり、常時水に漬かる水牢に閉じ込めて苦しむ様を見せ、それでも納められない者は両手を後ろ手に固く縛って燃えやすい蓑を着せて火をつけ、熱さに飛び跳ね、転げ回って焼死する様を 「蓑おどり」 と称して大勢の者に強制的に見せ付けました。

 また、領民のキリシタン信仰は根強いものがありました。幕府の禁教政策が強化されるにつけ弾圧も強化されていきました。棄教しない領民を雲仙岳の火口に投げ込む事さえ行なわれましたが、かえって信仰に結ばれた者同士の結束を固くしていきました。



予言書 『末鑑の書』

 『耶蘇天誅記』 には、マルコス・フェラロ神父ママコス上人) が慶長17年 (1612年 のキリシタン禁教令で追放されるとき、『未鑑の書』 という予言書を残しました。それは 「今から25年の後に16歳の神の子が現れ、その子は学ばずして諸道に通じ、何一つ出来ないことはない。その時東西の雲は真赤に焼け、地には時ならぬ花が咲き、国中で山野が鳴動し、民家も草木も焼け果てる。人々は首にクルス (十字架) をかけ野山に白旗がなびき、仏教・神道はキリスト教に呑み込まれ、天帝はあまねく万民を救うであろう。」 というものでした。

 「16歳の神の子」 とは当時16歳であった天草四郎時貞ことで、四郎は幼少の頃から宣教師と接触してキリシタンの教えやラテン語の知識を身につけ、日本・中国の古典など幅広い学識を習得していたと言われていました。

 秋の天草では毎日のように、夕方西の空に不思議な雲が観測されました。旗雲と呼ばれる細く長い雲が7筋ほど見られ、その内4筋が赤、3筋が白で赤い雲が先に消え、あとから白い雲が消えます。そして秋なのに桜が咲き、将軍家光が病気で余命いくばくもない、という噂まで流れました。

 天草のキリスト教信者の一部はこの噂を積極的に利用し、キリスト教をやめて仏教に転向した人たちに 「いよいよママコス様の予言が実現し、最後の審判が行なわれてキリスト教の時代が来る」 と言って、キリスト教に再改宗するよう勧めて回りました。


顛末

 天草・島原の領民たちの不満が極限に達すると、寛永14年 (1637年) 10月25日、島原の深江村で左志来左右衛門がひそかにキリシタンの教えを信じてデウスの画を隠し持っていました。しかし年を経て表具も古び、画も傷みはじめていたので禁制が厳しく表具師に頼むことも出来ずにいると、ある朝起きてむるとその画像が一夜のうちに表装されて奥の間に掛けられていました。

 左右衛門は天帝の御憐みと喜んで、キリシタンに立ち帰った人々に拝ませていました。たちまち村中の評判となり、この奇蹟の画像を一目見ようと大勢の人が押しかけるなかに、領主松倉勝家の代官林兵衛門がいました。近郷から集まった人々はデウスの画像に拝しても代官には憚りもせずにいると、代官は激怒して画像を引き破り焼き捨ててしまいました。信徒たちは激昂して代官に襲い掛かり殺害してしまったのです。領民たちは決起し鉄砲と武具を取って蜂起すると、翌26日には島原城を包囲し、城下を焼き払い落城寸前となりました。

 島原城の攻防戦で一揆勢の実力を見せ付けられた松倉勢は江戸出府中の藩主松倉勝家の帰国を促し、豊後目付に報告し救援を依頼しました。



 一揆軍は12月1日原城に入り、8日修復を終えて堅固な城としました。

 状勢は混沌とするなか、松平信綱は徹底した持久戦と兵糧攻めを命じ、平戸からオランダ船を呼び寄せ、城内を砲撃させました。これには批判の声が上がり1月28日オランダ船は平戸へ返されましたが、この間の1月22日には、佐賀藩からの砲弾が本丸で碁をうっていた天草四郎の左の袖をかすめ、側にいた男女5、6人が死に四郎に対する絶対的な信仰が揺らぎ始め、城から逃亡する者が出始めたと言われています。

 この様な事態のなかで2月1日、山田右衛門作の旧主有馬直純から矢文が送られ、右衛門作と蘆塚忠右衛門2月3日、大江の浜で直純の臣、有馬五郎左衛門と休戦の上、降伏の勧告に対する会談を行ないました。

 しかし、その後の結果が裏目に出てしまい、右衛門作は捕らえられ、手枷・足枷のうえ牢に閉じ込め、妻や子は見せしめとして処刑されました。

 2月28日、一人も生かして残すなという下知に、百姓はもちろん。女子供に至るまで一人残らず殺されて落城となりました。




江戸幕府とキリシタン禁制

 慶長17年3月21日(1612年4月21日、徳川幕府は江戸・京都・駿府を始めとする直轄地に対して、教会の破壊布教の禁止を命じた江戸幕府による最初の公式なキリスト教禁教令を布告しました。

 同年5月には、岡本大八事件で改易された最後のキリシタン大名・有馬晴信が切腹に処されたため、キリシタン大名は完全に姿を消しました。

 翌慶長18年2月19日(1613年1月28日、幕府は直轄地へ出していた禁教令を全国に広げると、家康は崇伝に命じて幕府のキリスト教に対する基本法となる 「伴天連追放之文」 を起草させ、秀忠の名で23日に公布させました。

 この禁教令によって長崎と京都にあった教会は破壊され、1614年11月 (慶長19年9月) には修道会士や主だったキリスト教徒がマカオやマニラに国外追放されたのです。その中には著名な日本人の信徒であった高山右近もいました。

 徳川秀忠は元和2年 (1616年 に最初の鎖国令 (厳密には鎖国令ではない) 「二港制限令」 を出し、その中で 「下々百姓に至るまで」 とキリスト教の禁止を厳格に示しました。以後、鎖国体制が構築されていきますが、それは宣教師の潜入を防ぐとともに、海外渡航した日本人がキリシタンになるのを防ぐという側面を持っていました。

 さらに秀忠は、元和5年 (1619年 に改めて禁教令を出すと、板倉勝重はこれ以上黙認できないと、キリシタンを牢屋へ入れて秀忠のお目こぼしを得ようとしたのですが、逆に秀忠はキリシタンの処刑 (火炙り) を直々に命じました。そして同年10月6日、市中引き回しの上で京都六条河原で52名が処刑されまそた (京都の大殉教)。この52名には4人の子供がと妊婦1人が含まれ、明白な見せしめとして行なわれましたが、当のキリシタンは殉教として喜んだため、幕府は苛立ちを高めたのです。

 元和6年 (1620年 には、日本への潜入を企てていた宣教師2名が偶然見つかり (平山常陳事件)、幕府はキリシタンへの不信感を高め大弾圧へと踏み切り、キリスト教徒の大量捕縛を行うようになります。

 元和8年 (1622年、かねてより捕らえていた宣教師ら修道会士と信徒、及び彼らを匿っていた者たち計55名を長崎西坂において処刑したのです (元和の大殉教)。

 続けて1623年江戸で55名1624年東北で108名平戸で38名公開処刑 (大殉教) を行っています。

 元和年間を基点に、幕府はキリスト教徒 (隠れキリシタン) の発見と棄教 (強制改宗) を積極的に推進していくようになりました。これは世界に類を見ないほど徹底した禁教政策でした。

 1629年(寛永6年)絵踏を導入しましたが、初期の段階ではキリシタン狩りに効果があったとされましたが、次第に内面でキリスト教を信仰さえすればよいという考えが広まり、役人の前では堂々と絵踏みをし、密かに神に祈って許しを請う信者が現れ始めます。そのため、後期には必ずしも 『キリシタン狩り』 の効果は上がらなかったといわれるようになりました。

 この様な状勢のなかで、寛永14年10月25日 (1637年12月11日 島原の乱が勃発し、寛永15年2月28日 (1638年4月12日 終結しました。予言書 『末鑑の書』や天草四郎の出現によって棄教した人々を結集させ団結したのも、悪政に対して領民の我慢が限界を超えて爆発したことによる一揆であって、キリスト教への迫害に対する反発として生じたものではないと言えるでしょう。

 島原の乱の後には、元和4年 (1618年 に長崎で始まった訴人報償制を全国に広げ密告を奨励し、密告の報償金は人物によって決まり、宣教師の場合には銀30枚が与えられました。報奨金は時代によって推移しましたが、基本的には上昇しており、最後は宣教師1人に付き銀500枚が支払われたのです。棄教を選択した場合には誓詞に血判させ、類族改帳によって本人は元より、その親族や子孫まで監視させたのです。

 1638年に幕府直轄領で 「宗門改め」 を実施して、キリシタンの洗い出しと締め出しを行うと、1671年には全国規模で民衆が信仰する宗門宗派を漏れなく調べさせ、これを 「宗門人別改帳」 として作成させました。これを定期的に繰り返すことでキリシタンの摘発を実施したのです。この人別改帳から漏れた者は無宿人として扱われ 「非人」 として不利益を蒙りました。キリシタンでないことの証明は檀家寺院が請け負い、これを 「寺請証文」 といい、この制度を 「寺請制度」 といいます。



慶長奥州地震津波と慶長遣欧使節 <トップ> 寺請制度と隠れキリシタン