復帰摂理歴史の真実

無料カウンター
秀吉の朝鮮進出(下) <トップ> 慶長奥州地震津波と慶長遣欧使節

■ 2. キリシタン禁制と寺請制度
     g. 細川ガラシャとおたあジュリア


おたあジュリア


 “おたあジュリア” は文禄の役で戦死または自害した朝鮮人の娘とも、人質として捕虜となった李氏朝鮮の両班の娘ともいわれていますが、生没年や実名、家系などの仔細は不明で、「ジュリア」 は洗礼名、「おたあ」 は日本名とされています。

 日本軍により平壌近郊で捕縛・連行されてのち、キリシタン大名の小西行長に身柄を引き渡され、小西夫妻のもとで育てられました。

 小西行長は、朝鮮出兵で、捕虜とともに送られてくる戦争孤児を、神父に依頼して各地の孤児院に入れていました。行長の妻・菊姫(洗礼名はジュスタ)は “おたあ” の身を哀れに思い、ひそかに教会に連れていっていました。“おたあ” は少しずつ家事を手伝うようになり、小西家は元来薬商人のため、ジュスタの教育によって薬草の知識に造詣を深めたといわれています。

 秀吉が亡くなると、関が原の戦いで小西行長は、これまでの信義もあって家康と対立する石田三成の方へつきました。しかし、関が原の戦いで敗れた行長は処刑され、遺体は信者の手で運ばれ埋葬されました。のちに小西家が没落すると、“おたあ” の才気を見初めた徳川家康によって駿府城の大奥に召し上げられ、家康付きの侍女として側近く仕え、寵愛を受けました。その様な環境にあっても、“おたあ” は昼に一日の仕事を終えてから夜に祈祷し聖書を読み、他の侍女や家臣たちをキリスト教信仰に導いたとされています。しかし、“おたあ” は家康からのキリシタン棄教の要求を拒否した上、正式な側室への抜擢に難色を示したため、駿府より追放されで流罪となりました。


1612年3月21日禁教令発布。
 同年3月26日、網代より伊豆大島へ流刑 (大島には30日ほど滞在)。
 同年4月24日(推定)、伊豆大島より新島へ移転 (新島には15日ほど滞在)。
 同年5月 9日(推定)、新島より神津島へ移転。

 “おたあ” は、港まで75kmの道のりを 家康側が用意した籠にも乗らず、自らの足で歩きたいと願い出ます。キリストも処刑されるとき、同じような苦難を経験したからです。

 『イエス様も、肩に十字架を背負って行かれたと聞く。籠にも乗らず、裸足で歩きたくさんの血を流されました。だから、イエス様に仕えるわたくしも、その道行きに習いたいのです』(ジュリア)

 どの地においても熱心に信仰生活を守り、見捨てられた弱者や病人の保護や、自暴自棄になった若い流人への感化など、島民の日常生活に献身的に尽くしたとされています。また、3度も遠島処分にされたのは、そのつど赦免と引換えに家康への恭順の求めを断り続けたこと、新島で駿府時代の侍女仲間と再会して、一種の修道生活に入ったことなどが言及されています。

 唯一、“おたあ” から手紙を受け取った宣教師が、イエズス会への報告書の中で、彼女の満ち足りた心の内を伝えています。

 『わたくしは、随分苦しい目にもあいましたが、今は、大奥にいた時よりも幸せです。なぜならここでは、いつでも自由に祈り神様の愛を感じることができるからです』

 1622年2月15日付 「日本発信」 のフランシスコ・パチェコ神父の書簡に、“おたあ” は神津島を出て大坂に移住して神父の援助を受けている旨の文書があり、のちに長崎に移りました。




権ヴィセンテ

 “おたあジュリア” と同様、文禄の役で親を亡くし、朝鮮半島から小西行長に連れられ日本に渡ってきた “権ヴィセンテ” という男の子がいました。行長はこの子を対馬の宗家に嫁いだ (行長の) 長女マリアに託しました。託されたマリアは、権少年を自分の息子 “マンショ小西” と共に西洋教育を受けさせたのです。

 1603年に洗礼を受け “ヴィセンテ” という洗礼名を受け、修練修者となりましたが、家康によりキリスト教の信仰が禁止され迫害が始まるや、権ヴィセンテは朝鮮に戻って宣教することを試みましたが、朝鮮の鎖国政策で中国経由での朝鮮への入国は失敗に終わり、夢を実現出来ませんでした。

 1614年、中国から日本に戻ると、その後5年間に渉る島原半島での宣教活動中の1625年に捕まり、翌1626年長崎で火炙り刑にされたのです。処刑される前に、一緒に居たフランシスコ・パチェコ神父から修道士誓願式を受けました。

 権ヴィセンテは捕虜になって日本につれて来られた朝鮮の人々の為に献身的に世話をしたと伝われています。




細川ガラシャ


 明智玉 は、1563年明智光秀の三女として越前国に生まれました。母は妻木範煕の娘・煕子であったとされています。光秀は越前朝倉氏に仕えていて、“たま” が九歳の時、光秀は信長から坂本を拝領して城を構えるようになりました。

細川忠興
 父である細川藤孝は、将軍足利義晴の側近三淵晴員の次男・萬吉として京都に生まれました。萬吉は、足利義晴の命によって細川元常の養子となり、1546年の元服時に足利義輝の義藤の 「」 を受けて、藤孝と名乗ることとなりました。母は藤孝の正妻沼田光兼の娘です。1563年、細川藤孝の長子として忠興が京都で生まれました。


 1578年、織田信長の命を受けて、光秀の娘 ・ “たま” と藤孝の息子・忠興が結婚。“たま” と忠興は双方数えで16歳でした。翌1579年には長男の忠隆が生まれています。



光秀の謀反と味土野への幽閉


 1582年6月21日、明智光秀による本能寺の変が起こりました。このとき織田信長は、弓や槍で戦いましたが、腕に槍傷を受け御殿の奥に入るとすでに火がかけられていて、信長はなかから納戸の戸を閉めて切腹しました。

 この事によって、20歳の “たま” の運命は、謀反人の娘として一変してしまいました。

 本能寺の変の後、 “たま” は、夫の忠興が 「御身の父光秀は、主君の敵なれば、同室叶うべからず」 と言って、“たま” を味土野に幽閉しました。このとき “たま” は妊娠していて、味土野で次男興秋を生んでいます。味土野には、一色宗右衛門と云浪士小侍従と云侍女2人が付いていました。

 “たま” が味土野に幽閉されている間、忠興は側室に “ (郡氏の娘)” を迎え入れ、1582年10月には “こほ” と言う娘が生まれています。

 1548年、秀吉から (復縁の) 許しがあり、2年の幽閉から解かれると、“たま” は細川家に帰還しました。



夫忠興とたまの洗礼


 1587年伴天連追放令発布

 味土野から細川家に戻ることを許された “たま” は、大坂城下の玉造にある細川邸と宮津城を居所とする生活を送っていました。1586年には、三男忠利が誕生しています。

 忠興が不在中に秀吉が “たま” 言い寄ってくることを警戒して、忠興は “たま” に和歌を送りました。

 なびくなよ我がませ垣のをみなへし 男山より風は吹くとも
 (なびいてはならない。我が家の垣根に咲く女郎花よ。たとへ男山から風が吹いたとしても)

 これに対して “たま” は次のような歌を返しました。

 なびくまじ我れませ垣のをみなへし 男山より風は吹くとも
 (なびきません。私は垣根に咲く女郎花ですから。たとえ男山から風が吹いたとしましても)

 “たま” は、忠興の命によって、依然として軟禁状態を強いられていました。1987年、忠興は秀吉の九州平定のため出陣して屋敷を留守にすることとなりました。

▲▽ ▲▽ ▲▽


 イエズス会は布教に関する記録を、ローマの本部に大量に書き送るような修道会であったため、“たま” の生涯に追いt表に出てくることの多くは、イエズス会の記録に拠るしかありません。

 細川家は禅宗に帰依していましたが、彼女は、禅宗によっては自らが救われないことを感じていました。そのような中で、1587年の復活節の時に、“たま” は大坂の教会を訪ねました。夫忠興から外出を禁じられていた “たま” にとって生涯でたった一回の教会訪問でした。そのときの様子を、アントニオ・プレネスティーノは次の様に記しています。

 我々に最も勇気と慰めを与えたのは、丹後国の細川忠興殿の夫人の改宗であった。この夫人は明智光秀、すなわち信長を討ったあの有名な将軍の娘である。彼女は、霊魂の不滅を否定する日本の宗派に属していた。それゆえ、この夫人は深く憂愁に閉ざされ、ほとんど現世を顧みようとしなかった。夫人の態度は、夫を心配させることが少なくなかったので、二人はしばしば言い争っていた。

 忠興殿は高山右近殿と親密な間柄であった。忠興殿は、右近殿から神とキリスト教に関する様々な話を聞き、この問題について夫人に語った。それは全く初めて聴く話であった。しかし、夫人は、大変な理解力と聡明さを備えた人だったので、聴いたことを時折熟考し、問題をより根本的に知ることを切望するようになった。けれども、夫人はこの気持ちを全く夫に漏らさず、願望を満たす好機が来るのを待っていた。

 ところが、夫が関白秀吉に従って薩摩の島津義久攻略の戦のために留守であるのを幸いに、屋敷を抜け出ることを思いついた。しかし、この国の習慣に従えば、夫の不在中に夫人は警護を受けていて自由に外出することは許されない。そこで、夫人は、この屋敷に忠実に仕えている数名の侍女と相談し、自ら病気と偽って一室に引き篭もり、侍女以外の面会をすべて禁じた。そして、警護の者たちに気づかれないように侍女たちを伴って屋敷を抜け出した。警護の人々は、夫人を通常の侍女の仲間と思い込み、全く怪しまなかった。

 夫人は、数人の侍女を連れて大坂の我々の聖堂に着いた。そして、名を明かさずにある宣教師に乞い、長時間その教示を聴いた。夫人は、賢明かつ謙虚な態度であり、異論を立てたりはしたが、それは以前から疑問に思っていたことやその場で思ったことだった。

 “たま” 教会を訪問したとき、対応したのはグレゴリオ・デ・セスペデスでした。彼は、スペインのマドリード出身のイエズス会士で、東アジアの布教を志して1575年にインド経由でマカオに到着、1577年に来日して、文禄の役で朝鮮に出兵している日本人の司牧を行なうため、宣教師として初めて朝鮮半島に渡った人物です。

 セスペデスは日本人修道士の高井コスメが教会に戻ってくるまで “たま” をかなり待たせていました。彼女はコスメから聴いたキリシタンの教えの内容に満足すると、その場で洗礼を受けることを希望しました。

 夫人は、大変満足して洗礼を望んだ。しかし、当時かの地 (大坂) に滞在していたセスペデスは、この夫人に洗礼を授けるのは適当ではないと思った。それは、この夫人が関白秀吉の夫人の一人であると考えたからである。しかし、のちに彼女が忠興殿の奥方であるとわかったとき、我々は大変喜んだ。

 しかし、彼女が洗礼を受けることを強く希望しましたが、セスペデスは、この時点でそれを認めていませんでした。



当時の結婚上の問題と洗礼

 「側室」 : 一夫多妻制における第二夫人以下の妻のこと。
 「妾」 : 正式な婚姻関係にある女性ではなく、正妻以外に婚姻外の継続的男女関係をもっている女性。

 教会法は婚姻の単一性(一夫一婦制)を強調していました。

 “たま” は、侍女を教会に派遣して信仰に関する疑問を質したり、贈物を届けたりしていました。また、キリシタンの教えを日本語で記した書物を送るよう願いを届けてもいました。その願いによって 「ジェルソンの書」 を受け取ると、屋敷でそれを侍女たちと講読していました。

 「ジェルソンの書」 とは、キリスト教の信仰生活について述べた著作で、当時、ヨーロッパで広く読まれていた 『キリストに倣いて』 または 『コンテムツス・ムンヂ』 のことです。

▲▽ ▲▽ ▲▽


 さて、“たま” への授洗は、オルガンティーノの指示によって、すでに洗礼を受けていた侍女・清原マリヤを介して行なわれることになりました。

 侍女・清原マリアは、朝廷の要職である外記だった儒学者・清原枝賢の娘の 「いと」 であると考えられています。

 オルガンティーノは、侍女マリヤを介して洗礼を授けることを決め、教会でマリアに洗礼を授ける手順を教え、マリアが屋敷に戻ってから司祭に代わって洗礼を授けました。こうして “たま” は、「ガラシャ」 という洗礼名を与えられました。

 ガラシャに洗礼を授けた侍女マリアは、洗礼を授けることは司祭の役務であり、代理とはいえ彼女がそれを行なった以上、自らが司祭と同様に生涯貞潔を守るべきであると考えて、自ら生涯結婚しないことを決意して剃髪しました。


近世日本におけるキリスト教伝道の一様相.pdf 狹間芳樹 (京都大学教授)
バルザックにおける『キリストにならいて』.pdf 大須賀沙織 (早稲田大学助教)


夫忠興とガラシャ

 ガラシャがセスペデスに宛てた書翰

 タケダ・サンチョがここに参りましたので、私は、司祭方と修道士方についての知らせを受けました。何よりも私が喜ばしく思ったのは、全員が日本を立去らないと決意したことを知ったことです。なぜならば、これによって、私も勇気が増し、当地に戻る方々と会える希望が強くなったからです。

 私について申しますと、尊師もご承知の通り、私がキリシタンになったのは人の説得によるものではなく、私が出会った全能かつ唯一の神の恩恵と慈悲によるものです。そのお方によって、天地は動いており、たとえ草木がなくなることがあっても、私が神を信じる気持ちは動くことはありません。司祭方の迫害に続発する私どもへのこの誘惑の出会いはとても大きなものですが、神に対するよきキリシタンの信仰はそこで証明されます。司祭方の出発後、私は苦労に事欠きませんが、すべてにおいて神が恩恵と扶助を授け給います。

 二番目の(三歳)の息子が重病になり、生命の希望が完全になくなり、私は彼の霊魂が失われることを悲しんで、彼に何をすべきかマリアに相談し、私どもは、最善の方法は彼を作り給うた神にお委ねすることであると考えました。そこで、マリアが密かに彼に洗礼を授け、彼を「ジョアン」と名づけました。その日からすぐに彼は回復し始め、すでに完全に健康です。

 忠興殿は、戦から帰った後、私の子供たちの乳母の一人を、些細なことによって捕えると、その耳と鼻を切り取って追い出しました。その後、別の二人の髪を切り、三人がキリシタンであるからと追い出しました。私は、彼女たちが必要なものをすべて都合するよう世話しており、信仰を堅持するよう励ましています。数日前、忠興殿は、丹後国に赴きましたが、出発前、「帰宅後に屋敷内で取り調べをするつもりだ」と私にいいました。私たちが抱いている懸念によれば、神の教えについての事柄と、家中にキリシタンになった者がいるかどうかに違いありません。私とマリアは、忠興殿によるものであっても関白殿によるものであっても、いかなる迫害が続発しようとも準備ができており、神への愛のために、このことについて苦痛を受けられることに喜んでおります。

 私は、つねに司祭方の知らせを聞くことを願っております。私たちの主がこの子供たちを救うよう私を助けるために、彼らを当地にお戻しなられんことを。

 私は、尊師に、持参者がいる時は私に書翰を送り、励まし、祈りとミサの際、神に私を委ねられんことを切望します。私と共にいるキリシタンは全員が強く、もし私たちがそれほど偉大なことに値するならば、殉教者となるよう説いています。

大坂より、11月7日。


 伴天連追放令が発布されたなかで、忠興は、ガラシャがキリシタンに改宗することを危惧していました。忠興は、ガラシャが改宗したことをまだ把握していなかったのです。

 この頃ガラシャは、忠興との離婚を考えていました。忠興はキリシタンを嫌っており、ガラシャが洗礼を受けたことを知れば秀吉の命令に従って迫害者となる可能性がありました。

 ガラシャがオルガンティーノに離婚の是非について相談していました。

 悪魔は、夫から受けている妨害と混乱によって、彼女に救いが訪れないとささやき迫害している。このことについて、彼女は一通の書翰を寄越したが、それが私にとって大きな心配以上のものとなっている。なぜなら、彼女が司祭たちのいる西国地方に行きたいと述べているからである。そうなれば我々に対する迫害の炎は増大し、わずか数日ですべてを破壊してしまうことになる。これは、この五畿内のキリシタンたちも心配していたことである。

オルガンティーノの書翰 (1588年5月6日)


 オルガンティーノは、忠興と離婚したいというガラシャを説得して離婚を思いとどまらせようとしました。

 私は、使者と書翰によって、彼女の決意を思いとどまらせるのに大変苦労した。だが、ついに彼女はあることを理解し、我々の主に奉仕することにした。

 あることとは、私が他の事柄で記した 「ジェルソン」 の 「一つの十字架から逃れる者は、いつも他のより大きい十字架を見出す」 である。その結果、彼女は、落ち着いた。

  書翰や伝言によれば、我々の主である神が彼女の霊魂に対する恩寵を増大させたことが明らかなので、彼女が気持ちを変えることはないと思われる。

 「コリント人への第一の手紙」 7章15節にある、「しかし、もし不信者の方が離れていくのなら、離れるままにしておくがよい。兄弟も姉妹も、こうした場合には、束縛されてはいない。神は、あなたがたを平和に暮らさせるために、召されたのである。」 と言う “パウロの特権” によれば、忠興の方から改宗したガラシャとの同居の意思がないため離婚を申し出た場合適用されても、ガラシャの方からの離婚は適応されないため許されないことでした。


ガラシャの死に対する宣教師の苦悶

 慶長の役の最中に秀吉が死去するとたちまち情勢は不安定さを増し、関が原の戦いが始まる直前の1600年、細川忠興は徳川家康率いる東軍に合流するため大坂の屋敷を後にしました。

 忠興殿は、名誉をきわめて重んじる人であったので、家を離れる時には、他の家臣たちにもまして小笠原殿と呼ばれる屋敷の警護を担当する主要な者に、もし留守中に何か反乱が起きて奥方の名誉に危機が生じたならば、日本の慣習に従って、まず奥方を殺し、次いですべての者が切腹して死を共にすべきであると命じていた。

ヴァレンティン・カルヴァーリョ執筆 (1600年10月25日)


 ガラシャは洗礼を受けて以来オルガンティーノに信仰に関する質問をしてきましたが、そのなかには自殺の是非を質問しています。

 オルガンティーノは、自殺は神に対する重大な罪であるから、夫忠興がガラシャに自殺するよう命じたとしても自殺してはならないと答えていました。

 しかし、ガラシャは最期を迎える直前、オルガンティーノに多数の質疑を書翰で行なっていました。この時点で、ガラシャは死ぬことをすでに覚悟していて、この死がキリシタンとして許されるかどうかを知りたがっていると、これに対するオルガンティーノの回答に満足して最期を迎えています。

 オルガンティーノは、“死が回避できない状況で、自身の名誉を守るためであるならば、(介錯などの) 自殺は必ずしも罪に当たらない” とするアレッサンドロ・ヴァリニャーノと同じ見解を採りました。ガラシャには日本の戦国武将の自殺に関する見解が適用可能であると考えられたのです。それは、「ジェルソンの書」 に引用されていた 「マタイによる福音書16章24節のキリストの言葉でした。

 それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう。」 (マタイによる福音書 16章24節〜25節)


「霜女覚書」とその後

 石田三成は大坂の細川家の屋敷に、細川家と縁のある比丘尼を使者として派遣して、ガラシャに人質になるように内々に頼んできましたが、ガラシャは、どのようなことがあっても同意できないと断っています。

 そこで、三成は強攻策に出て、正式な使者を派遣してガラシャを人質に出すことを要求し、応じなければ武力を行使することを通告しました。

 「霜女覚書」、正式名称 「秀林院様御はて被成候次第之事」。1648年、肥後熊本藩二代藩主細川光尚が自身の曽祖母にあたるガラシャの最期のことを知りたいと、家老米田監物の縁者である 「」 に当時の状況を書かせました。

 小笠原少斎・石見・稲富の両人が談合して、稲富が表で敵を防ぎ、その隙に奥方様が最期を迎えられるよう話し合われましたので、稲富は表門に居ました。

 その日の夜の始め頃、敵が御門まで寄せてきました。稲富はその時、心変わりをいたし、敵と一緒になりました。その様子を少斎が聞き、もはやこれまでと思い、長刀を持ち、奥方様の御座所へ参り、「今が御最期でございます」と申し上げました。内々に申し合わせた事でございますので、忠隆様の奥方様を呼んで一箇所で果てようということで、御部屋へ人を遣わされましたが、奥方様はもはやどこかにお引きになられたのかいらっしゃいませんでした。

 奥方様は御力なく果てられ、長刀で介錯しました。

 キリシタン資料では、次の様に記されています。

 ガラシャは、祈り終えると、気を取り直して礼拝堂から出て、彼女といる侍女や女性たちに、自分一人で死にたいといって、退去するよう命じた。それは、彼女の夫が命令していたことである。侍女たちは、そうした場合は主人と共に死ぬことが日本の慣習でもあるから彼女と共に死にたいといって、退去することを拒否した。ガラシャは、家臣たちから深く愛されていたので、家臣たちが彼女に死のお供をすることを望んだが、奥方は、無理に屋敷の外に逃げさせた。

 その間、家来たちは共に全部の部屋に火薬を撒き散らした。彼女たちが屋敷を出た後、ガラシャは。跪いて何度もイエスとマリアの御名を繰返し唱えると、頸を露にした。その時、一刀のもとに首が切り落とされた。家来たちは、彼女に着物を掛け、その上にさらに多くの火薬を撒き散らし、奥方と同じ部屋で死ぬことはできないといって、本館に退去した。そこで全員が切腹したが、それと同時に火薬には火が付けられ、これらの人々と共にかくも華麗で美しい屋敷がすべて灰燼に帰したのである。

 侍女たちはみな泣きながら、そのことがどう起きたかをオルガンティーノ師に話しに赴いた。司祭と我々はみな、この地方のキリシタン教界にとって、あれほどの夫人、あれほどの稀有な徳の模範である人を失ったことによって、深い悲嘆に暮れた。

▲▽ ▲▽ ▲▽


 ガラシャが壮絶な最期を遂げた時、夫の忠興は嫡男の忠隆、次男の興秋、弟の興元と共に、会津の上杉景勝討伐のために東下していた家康軍のなかにいて、大坂を離れていました。三男の忠利は、人質として家康のもとに出されていて、忠興がガラシャの死の知らせを聞いたのは、三成挙兵の報を受けて会津進攻から反転した家康軍が、大坂へと進軍するなかでのことでした。

 屋敷から脱出した侍女たちが、大坂に潜伏していたオルガンティーノにガラシャの最期を報告しました。知らせを受けたオルガンティーノは、細川の屋敷にキリシタンの女性たちを向かわせると、ガラシャの遺骨や遺品、信仰を証明する聖遺物を見出しました。

 オルガンティーノは、ガラシャの葬儀と埋葬を執り行いました。

 その後、忠興の弟息子二人の娘がキリシタンとなり、忠興がガラシャの一周忌を営むことになりました。キリシタン教会に好意を示すようになっていた忠興はキリシタン教会の方法で執り行いました。

 イエズス会の日本人の修道士 (イルマン・ヴィセンテ) が説教を行なった。彼は、大変博識であり、異教徒たちの諸宗派に精通しており、大変典雅な言葉を使う。彼は、サン・ジョアンの言葉「主において死する者に幸あれ」を主題とした。そして、来世における確かな救済と処遇があるものとして、我々の霊魂の不滅を重々しく説いた。

 彼は説教の最期に、ガラシャの徳と善き死について述べたところ、忠興殿とその家臣たちは感極まり、涙を抑えることができず泣きぬれた。

▲▽ ▲▽ ▲▽


 秀吉の死後、キリシタンに対する迫害は緩められていきました。

 人質生活が長かった忠利は、徳川秀忠に気に入られ、彼を嫡子とするよう忠興に勧めたため、細川忠興は 1620年、三男の忠利に家督を譲ると、剃髪して三斎と号して隠居しました。


細川ガラシャ
 キリシタン史料から見た生涯
 安廷苑 著 中公新書


第一章 政略結婚と本能寺の変
       @) ガラシャが見た風景
       A) 細川家に嫁いで
       B) キリシタンとの関係
       C) 本能寺の変

第二章 キリスト教との出会い
       @) 味土野からの帰還
       A) 教会への訪問
       B) キリシタンの教え
       C) バテレン追放令
       D) ガラシャの受洗

第三章 婚姻問題とキリスト教
       @) 戦国時代の結婚のかたち
       A) 婚姻に関するヴァリニャーノの諮問
       B) 離婚は可能だったのか
       C) ガラシャの周囲

第四章 ガラシャの最期は自殺か
       @) 忠興が命じた死
       A) ガラシャの最期の真相
       B) 自殺についての議論
       C) 導き出された回答

第五章 ガラシャが遺したもの
       @) ガラシャの死後
       A) 彼女の最期は殉教か
       B) ガラシャ没後の細川家
       C) 後世に伝わるガラシャ像



秀吉の朝鮮進出(下) <トップ> 慶長奥州地震津波と慶長遣欧使節