復帰摂理歴史の真実
バラモン教から仏教へ <トップ> 儒教とその問題点

■ 後編 第1章 第1節 ノアの箱舟以降における摂理
     b. 大乗仏教と「原理講論」の間違い


1. 大乗仏教

 (1) 大乗仏教への変遷

 原始仏教は、前頁で述べたバラモン教から釈迦によって進化発展した教えである。
 バラモン教による社会制度は司祭階級であるバラモンが最上級に、次に戦士・王族階級のクシャトリヤ、庶民階級としてのヴァイシャ、そして奴隷階級のシュードラという四姓制に区分されていた。原始仏教はクシャトリヤとしての釈迦が出家して自らバラモン教を実践し解き直した内容である。そのため、その形態はバラモン教をそのまま継承していた。
 しかし、その相違点は釈迦がそうであったように、出家が前提となって階級に属することではなくなってその門徒の範囲は拡大した。その教えの基本は然程変わっていない、「輪廻転生からの解脱」である。その教えの違いと言えば、解脱に至るためには、バラモン教では “苦行” のみによるとしたのに対して、仏教ではそこから “悟り” に至らなければならないとした。この悟りに至った基準を、“仏陀” と呼んだのである。

<参照>
 大乗仏教の発生


    (@)上座部仏教

 上座部仏教とは、南伝仏教とも呼ばれ、現在ではスリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオスの主要な宗教となっている。「上座」とは出家修行者(比丘・比丘尼)が形成する組織のことで、その中でも特に尊敬されている比丘(長老)のことである。
 大乗仏教に対して、当初は小乗仏教と呼ばれていた。これは、「大きな乗り物(大乗)に沢山の人が乗り込んで、目的(悟り)に到達できる」という意味とは反対に、「小さな乗り物(小乗)であるために限られた人だけしか目的に到達できない」ことを表現した言葉である。現在、小乗仏教という名称は、大乗仏教からつけた差別語との見方から、上座部仏教と言われるようになっています。勿論ですが、上座部仏教はでは、原始仏教の流れを汲んで、悟りに重点を置いている。

<参照>
 大乗仏教と上座部仏教
 「小乗仏教」に対する誤解と混乱――日本では知られていない上座部仏教の実態
 大乗仏教・上座部仏教の違い



    (A)大乗仏教

 初期大乗仏教では、仏塔信仰により興ります。釈迦の入滅後、火葬された遺骨は仏舎利塔が建立されそこに埋葬されました。仏教とに限らず、民衆の篤い信仰をその仏塔に集めたのが仏塔信仰です。この釈迦の涅槃の境地とされた場所を管理し、参詣者を案内するのは在家の僧侶だったのです。この僧侶たちの間に、客塵煩悩という説や願生説が広まっていました。
・客塵煩悩
 煩悩は心に本来からそなわったものでなく、もともと心は浄く、煩悩が塵のように付着したにすぎないものだという説。塵をのぞけば本来の清らかな心が現れるとされた。
・願生説
 菩薩が衆生を救うためにあえて願って苦しい生存に生まれるという説です。
 文殊師利菩薩弥勒菩薩などは、本当であればこの娑婆世界に仏以外の姿で生まれる必要のない菩薩ですが、衆生を哀れむためにあえて菩薩として苦しみに満ちた娑婆世界に出現されるとした。
 これらの内容には、当時の在家信者の間には、キリスト教の影響を多分に受けていたことが伺えます。ところが、龍樹の出現によって初期大乗仏教は一変していきます。龍樹は、150年から250年頃のインド仏教の僧ですが、バラモンの学問をすべて習得したのち仏教に転向して、当時の上座部仏教と初期大乗仏教とを学んで大乗仏教に傾倒し、あまたの諸経典に通暁し、初期般若経典の空をもって大乗仏教の地位を確立した大論師です。
 龍樹は、仏教の原初からあった「空」の考えかたを、般若経の「空」の解釈により深め体系化しました。その仏教は在俗信徒をも含めた在家仏教的な初期大乗仏教を、出家仏教にならしめてしまったという面があります。さらには、上座部仏教の煩瑣な教理に対峙していた大衆的で平易な初期大乗仏教を、煩瑣で難解なものにしてしまいました
・龍樹の「空」
 空の思想を論理的・哲学的に整理し、それまでの上座部仏教の思想がその原理を固定化・実体化すると矛盾に陥ることを示して論破しています。すべてのものは実体がなく空である無自性)という立場を表明。
<参照>
 初期大乗仏教 (広済寺ホームページ)
 龍樹と空(中観) (広済寺ホームページ)
 南インド仏教遺跡旅行記



    (B)顕教と密教

ヴィシュヌ 妻「ラクシュミー
 6世紀を前後として、北伝仏教として東アジアにその領域を拡大した大乗仏教は、再びキリスト教の影響を受けて、輪廻転生から解脱するまでに留まっていた教えから一転して、解脱後如何に「」と成り得るかという教えに発展しました。「仏」とは “(真理に)目覚めた人” という意味でした。はじめ「仏」とは、悟りへの道を開いた釈迦一人の人間を示す言葉でした(仏陀)。
 ところが後世になると、仏教は “多仏思想” になりました。はじめは仏界実体の無い「空」であるとしていた大乗仏教が、それとは逆に “無形の実体として有る” とそれを認めるように変貌していったのです。
 仏教における仏像は、紀元前4世紀にギリシアのアレクサンドロス大王の帝国がインドまで達していて、深く交流していました。その時のギリシア彫刻に影響を受けて仏像が作られるようになったのです。中でも大乗仏教の毘盧遮那仏は、ペルシアの太陽神信仰(ゾロアスター教)の影響によって、インドでは太陽神ヴィシュヌ」となりそれが進化したものと考えられています。
 そこで、最もキリスト教の影響を受けた密教が、対義的に顕教とに分類されるようになりました。顕教とは、仏に成ること(成仏)を「智慧の完成」と捉え、真理や実相の知的な認識や獲得が成仏であると考えました。これに対し密教では、成仏とは仏の智慧を実践することであり、仏として為すべき行為を(現実の社会の中で)実行することであると捉えたのです。ここで言う「智慧」とは、御仏由来の智慧であり、御仏が自らの心の闇を照らし、それによる“仏の智慧”によって自らの愚かさ、恥ずかしさ、罪業の深さに気づかされることであり、これを「悟り」としたのです。

<参照>
 顕教と密教は何が違うか
 顕教と密教の違い
 仏教の「仏」とキリスト教の「神」
 人間の知恵(ちえ)と仏の智慧(ちえ)



  @ 仏教に影響を与えた使徒トマスと景教

    (@)使徒トマスと阿弥陀仏信仰


 中央右上のピンク印: ディヤルバクル


 ディヤルバクル旧市街
 左下: 聖母マリア教会
 中央上: 聖トマス教会跡地(現在イスラム教のモスク)



 聖トマス教会跡地(大モスク)

 聖母マリア教会、シリア正教
 イエスの12使徒であるトマスバルトロマイは、西暦1世紀頃インドへ伝道に来ていました。メソポタミア地方のパルティアで伝道した後インドに来たと言われています。トマスがインドに着いたのは西暦52年、インド南西部のマラバル海岸に着き7つの教会を建てると、インド南東部のミラポールに行き、王をはじめ多くの民を改宗させています。その時、バルトロマイはヘブル語の「マタイの福音書」を持参していました。
 インダス河付近のガーブルゴンダラを領有していたバルチャの王ゴンドファルは、宮殿建築のため建築家を募集していましたが、目をつけられたトマスはそれを断りました。しかし、その夜イエスが現れて彼を励ましたので、トマスは王の宮殿をユダヤの技法を用いて石造りの宮殿を建てたと言われています。
 トマスは、王の厚遇を受けその報酬を貧しい人達に分配して沢山の人を伝道しましたが、この事が王の誤解を受けて投獄されることになります。しかし、トマスが奇跡的に牢獄から脱出した後、王の弟が死から蘇って「天国に行くと、トマスが王のために建てた宮殿がありました」と告げました。この出来事から王は驚いて回心し、トマスから洗礼を洗礼を受けたと言われています。
 こうしたインドでの宣教後、トマスはチベットを通り、中国へ伝道に赴き、今の北京あたりまで来たとされています。その後インドに戻り、72年殉教しています。


<参照>
 大乗仏教の誕生とキリスト教 (筑波大学教授 平山朝治 / PDF:本サイト
 阿弥陀如来の故郷、アミダ
 トマス・ディディモ|イエスの12弟子・12使徒 - 聖書と歴史の学習館
 トマスによる福音書
 使徒トマスが眠る白いカテドラル「サン トメ聖堂」の見どころと歴史
 トマス、復活のイエスに出会う



    (A)弥勒信仰

 弥勒信仰は、使徒トマスがインド宣教をした後に、一世紀半ば以後、仏教界で信仰される様になった再臨思想です。これは、使徒トマスが説いた「再臨のキリストの仏教版」と言って良いでしょう。
 インドのマイトレーヤ、中国のミレフ、日本のミロクはいずれも、ヘブル語のメシア、ギリシャ語のキリストを意味します。この弥勒信仰が中国から朝鮮の新羅で盛んになりました。当時の朝鮮半島は高句麗百済新羅に分かれていて、百済の仏教と新羅の弥勒信仰は根本から違っていました。新羅の古墳からはローマン・グラスの出土やその構築法などは、高句麗や百済とは全く異にしていました。ローマの事を「羅馬」と表記しますが、新羅は「新しい羅」、つまり、新しいローマを意味しているのかもしれません。
 その新羅の代表的寺院で、世界遺産にも登録された「仏国寺」からは、景教の十字架や漢文の聖書、『イエス・メシア経』などの景教の教典も発見されています。
 弥勒像の右手の親指と他の指一本で三角形を作り、他の三本の指を伸ばしているのは、1908年中国西部・敦煌で発見された景教の大主教を描いた壁画の遺跡と全く同じ指の形で、これは三位一体神信仰を表現したシンボルとされています。



    (B)景教

 『景教』は、「光り輝く教え」の意味で、中国の “” の時代に栄え、のちモンゴルで栄えました。
 431年エペソ宗教会議で、コンスタンティノポリス総主教ネストリウスが「異端」として追放されました。ネストリウスは当時のローマ・カトリックが「新約聖書」の教えに逸脱した風習に染まっていることに抗議すると、「異端」として追放され、彼と信仰をともにする東方キリスト教徒たちは東方へ伝道を開始しました。これが、シルクロード付近で爆発的に広がり、各地にキリスト教会が造られました。800年頃は西側よりも東側がはるかに多かったと言われています。
 景教の教会は、はじめ「波斯胡寺ペルシア寺)」と呼ばれていましたが、ペルシアのゾロアスター教会の意味も含まれてしまうため、「大秦寺」と改称されました。
 景教碑の文章からは、三位一体の神を愛し、愛と信仰に燃え、ローマ人への手紙13章1節に「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。」と言うみ言葉に忠実に、『聖書』の教えに忠実な宣教を行いました。まさしく、第一に神に従い、第二に「上に立つ権威」に従い、為政者(皇帝など)の信仰と良い政治のためにも祈りを捧げました。景教徒達は中国に来れば、中国人として生き、現地の人々のためにすべてを捧げて仕え、そこで骨を埋めたと言われています。
 一方、空海が入唐を目指して、804年(貞元20年)唐の都長安に辿り着きました。景教が唐から排除されたのは845年のことであるから(このとき中国は、マニ教、仏教、ゾロアスター教、イスラーム教などあらゆる宗教を廃絶した。)、空海が日本に持ち帰った密教は、仏教が景教に最も影響を受けたものだと言える。そのため仏教には、それまでいないキリスト教的要素が多分に含まれている。

<参照>
 <コラム>日本の空海と中国に伝わったキリスト教「景教」の意外なつながり
 大秦景教流行中國碑に就いて
 キリスト教ネストリウス派の東漸 唐代長安にみる景教 (関東学院大学キリスト教と文化研究所 勘田義治
 碑林博物館 大秦景教流行中国碑はここにある!
 真言宗の聖地高野山の想定外の話
 【第10回 ゾロアスター教と杜子春伝】
 新・景教のたどった道(5)大秦景教の名称について 川口一彦



2. 「原理講論」の復活摂理における間違い

 (1) 復活摂理という言葉が生んだ誤謬

 神の復帰摂理は、その全体的な目的を完成なさるために、各個体を召され、その各個体に適合した使命を分担させてこられた。そして、人間がこの使命を継続的に彼と同一の型の個体へと伝承しながら、悠久なる歴史の期間を通じて、その分担された使命分野を漸次完遂するように導かれたのである。(『原理講論』p231)


  @ 輪廻転生に対する間違い

 地上で自分の使命を完成できずに去った霊人たちは、各々自分たちが地上で受けもったのと同じ使命をもった同型の地上人に再臨して、そのみ旨が成就するように協助するのである。このときに、その協助を受ける地上人は、自分自身の使命を果たすと同時に、自分を協助する霊人の使命までも代理に成し遂げるのである。ゆえに、この使命を中心として見れば、その地上人の肉身は、彼を協助する霊人の肉身ともなるのである。このようになれば、その地上人は彼を協助している霊人の再臨者となるので、その地上人はしばしば彼を協助する霊人の名前で呼ばれるのである。このようなわけで、地上人はしばしば、霊人が輪廻転生した実体のように現れるようになるのである。(『原理講論』p231)


 終りの日に、自分が再臨のイエス、弥勒仏、釈迦、孔子、あるいはオリーブの木、あるいは生命の木などと自称する人たちが多く現れる理由はここにある。仏教で輪廻転生を主張するようになったのは、このような再臨復活の原理を知らないで、ただ、その現れる結果だけを見て判断したために生まれてきたのである。(『原理講論』p232)




  A キリスト教だけでは宗教統一できない


 地上の使徒たちは、楽園にいる霊人たちの協助によって、再臨主の前に出て、み旨のために献身せざるを得なくなるのである。ゆえに、キリスト教は自然に統一されるようになる。(『原理講論』p233)


 キリスト教はキリスト教だけのための宗教ではなく、過去歴史上に現れたすべての宗教の目的までも、共に成就しなければならない最終的な使命をもって現れた宗教である。それゆえに、キリスト教の中心として来られる再臨主は、結局、仏教で再臨すると信じられている弥勒仏にもなるし、儒教で顕現するといって待ち望んでいる真人にもなる。そして彼はまた、それ以外のすべての宗教で、各々彼らの前に顕現するだろうと信じられている、その中心存在ともなるのである。(『原理講論』p234)




バラモン教から仏教へ <トップ> 儒教とその問題点