復帰摂理歴史の真実

無料カウンター
新大陸発見−北米編 <トップ> フリーメーソンと文芸復興

■ 2. 大航海時代と南北アメリカ
     d. ローマ教皇庁からイギリスへ



 み言葉より


     イタリアから英国へ移った神様の祝福

 ローマの教皇庁が責任を果たせなかったことによって、神様の祝福は必然的に他の所へと移って行かざるを得ませんでした。ローマから神様が祝福を刈り入れていくことによって、中世の暗黒時代が招来され、その堂々たる気勢の教皇庁の権威と威信は人本主義思潮に覆われて地に落ちてしまいました

 このような局面で神様は、新教運動を起こして再び世界の救いの道を築かざるを得なくなったのですが、これがまさに旧教に反旗を掲げ議会を動かして法を改定し、ついに聖公会を立てた英国のヘンリー八世を通した英国の新教運動に対する祝福でした。すなわち、神様のみ旨はローマを離れて英国へと移されて、英国を中心として新しい世界救援の摂理を展開したのです。

 こうして、英国という小さな島国が海洋政策を強化して急進的にその版図を広げ、「五大洋六大州で日が落ちることがない」というくらい、世界を制覇できる世界的な強国の版図をつくりました。

 ところが、神様が英国をしてこのように文明の極致を享受しながら、世界を制覇できるように祝福を下したのは英国だけのものではなく、世界を救おうという深いみ旨からでした。いわば、英国に対する神様の祝福は、英国の世界的基盤を中心として全世界を神様の前に救おうとされた祝福でした。当時、もし英国がこのような神様のみ旨を受け入れて、内的には、神様のみ旨を成し遂げようと理想的国家を夢見て立ち上がった清教徒運動者たちと、新教運動者たちが神様のみ旨の中で一つになって救援の礎石を築き外には数多くの植民地をもつようになった基盤を通して神様のみ言を伝播し、神様のみ旨を広めていたなら、英国は間違いなく世界を一つに統一し、世界を神様のみ旨の前に救援することができたのです。

 ところが、どのようにしましたか。英国はそのような使命を悟ることができず、英国自体だけの利益のために植民地を搾取しました。神様のみ旨によって世界を救おうとする英国になることができず、英国だけのために世界を利用する一方、英国の教会も世界の救援をしようとせずに、教権主義に染まって、国家を擁護する立場から信仰の自由を極度に抑圧し、清教徒たちを迫害したのです。

 これによって、英国を中心として世界を救おうとされる神様のみ旨は、壁にぶつからざるを得なくなったのです。

 ここに王権の専制主義信仰の自由を拘束する監督から自由と独立を叫び、信仰の純潔を主張していたピューリタンが英国と闘って命を懸けてアメリカ新大陸へと渡っていきます。宗派と国家の理念を超越した彼らピューリタンは、神主義の新教を中心としてアメリカを開拓します。彼らは神様の理想国家を追及しました。信仰さえ抑圧され、拘束される祖国での生活よりも、思いどおりに神様の国を追求し、さらには、世界を救うことのできる理想国家をつくろうとする立場で、ヨーロッパの至る所から信仰運動を叫んでいた彼らが、力を合わせてアメリカを開拓し、英国に劣らない宗教的な基盤を築くようになりました。ここでキリスト教の新教を中心として世界的なアベル圏を糾合することによって、世界のキリスト教カイン圏(旧教)に対抗して、世界のキリスト教アベル圏(新教)が形成されるに至ります。このようにして、アベル的な新教を通して長子であるカトリックを復帰しなければならない摂理がが繰り広げられるようになります。(1980.11.18)


     英国の聖公会と清教徒運動

 皆さんは、ヘンリー八世を中心として起きたアン・ブーリンの事件を知っているでしょう? アン事件。息子がないので息子を生むために離婚をしようとしたのですが、そこにありとあらゆる反対が起こったのです。旧教で反対するので、離婚を正当化させるために憲法を改定して法的処置をし、旧教から脱退してアングリカン・チャーチ(聖公会)をつくったのです。それは歴史的なことなのです。

 このようにして、ローマがヘンリー八世を中心として罪状を……。 それはだめなのです。ローマは悔い改めなければならないのです。その時、新教の風潮のなかで英国が新しい舞台となって国家的な基盤の上に新教を包摂することのできるよいチャンスだったのです。エリザベス女王はカルビン主義を歓迎できる新教の支持者だったのです。ウェストミンスター条約三十三箇条によって、エリザベス女王がカルビン主義の思想を吸収することのできる基盤を築き、海洋圏を中心とした制覇という政策を立てて、スペインが海洋圏に介入できない基盤を築くようになったのは、すべて神様のみ旨だったのです

 それゆえ英国は、大きな新しいキリスト教歴史のすべての福を受け継ぐことができたのです。その時ヘンリー八世を中心としておよそ三代を経て西ヨーロッパにある新教をすべて包摂していたなら、信仰の自由の王国として兄の国となり、母親の国となって、信仰の自由を求めるヨーロッパ人たちをすべて消化、包摂することができたなら、超民族的な、神様の名前を中心とした王国を築いて世界制覇国となったのです。それこそ英国の名前どおりのザ・ユナイテッド・キングダム、統一王国です、統一王国数百年間、五大洋六大州に日の落ちることのない大英帝国をつくったのは、神様のみ旨なのです。島国英国、海賊の親玉だったその民族が優れているのでそのようになったのではないのです。ローマ帝国が責任を果たせないことによって世界的な制覇をして、新しい伝統的な思想の行路を正すために、神様が英国の民族を立てて、祝福してくれたのでそのようになったのです

 そのようにしてそこで一つになったなら、今日のアメリカは現れなかったのです全世界が統一されるのです。アジア諸国まですべて連結させ得る見事な版図をつくっておいたのです。英国が神様のみ旨を知り、新教と一つになって、新しい国と一つになって、世界を救うための神様のみ旨を成し遂げるためにキリスト教思想を奉じて万国の救援のために総進軍していたなら、英国は世界的な文化を創建したはずです。しかし、英国がインドのような国を三百年間搾取し、自分の隷属国家としてあのようにしたのは、神様のみ旨とは背馳するのです

 ここで新教徒、清教徒たちが会議を改造して、王国の不純な行動を正当化しようとするアングリカン・チャーチに反対して覚醒運動を起こし、新しい、神様の理想とする国を築くためにその教派を超えて理想的な神様の教会と神様の国を追及するために起こした運動が清教徒運動なのです

 彼らが弾圧されることによって行くべき道がないので、信仰の自由を求めて、自由の天地を求めていった所がアメリカ大陸です。彼らに反対するので、ヨーロッパにいるすべての信仰の自由を求めようとするプロテスタント、すなわち、新教運動者たちはみな反発して結束するようになったのです。英国で結束させるできるものを果たせなかったので、この人たちを取り出して移し、新しい天地、アメリカ大陸で結束せざるを得なかったのです

(神様の摂理から見た南北統一 96頁〜100頁)






ヘンリー8世
  テューダー朝イングランド王(在位 1509年4月22日〜1547年1月28日)
            アイルランド王(在位(自称)1541年〜1547年)


 ローマ教皇庁の腐敗により、大きく左に傾いたカトリックは、皮肉にもヘンリー8世の離婚問題を起点として“聖公会”を発足しローマ教皇庁に楔を打ちましたが、この聖公会は大きく振り子を右に振ったのではなく、独裁的な腐敗したローマ教皇庁に信仰の自由の新風を吹かせた革新的プロテスタントとしての“イングランド国教会”だったのです。

 ところが、ヘンリー8世は“国王至上法”を発布すると、王の専制主義も独壇場と化し宗教改革者らを批判して行くようになり振り子はまたしても左に傾き始めたのです。後の“王権神授説”ともあいまって独善的王政も極限に達するとやがてはその勢いも下方に向かい始めます。

 と同時に清教徒らの運動も勢いづいてくる様になりました。この様な中で、ピルグリム・ファーザーズらは信仰の自由を求めて新天地アメリカに渡ったのです。

 それにしても、6人もの王妃を離婚はおろか、処刑まで行ったヘンリー8世は、神様の摂理上絶好の機会に王となりながらも、最悪の結果になってしまった不甲斐ない王と言えるかもしれません。




弱まるオランダ、勢いづくイギリス


 イングランドでは、エリザベス1世の後継者としての王権神授説の信奉者でもあるジェームス1世は、議会としばいば対立するなか、1621年には「議会の大抗議」が起こり、1623年にはアンボイナ事件が起こりました。それによってマラッカ以東のアジアのイングランド勢力はオランダ勢力に駆逐されたことによってイングランドはインドへの進出に専念するようになっていきます。

 次のチャールズ1世の代には1628年権利の請願1639年スコットランド反乱が起こると、1641年議会の大諫奏などの政治の混乱が続くと、王と議会の対立はピューリタン革命と発展し、1649年には国王チャールズ1世は処刑されてしまうのです。

 その後、議会を勝利に導いたオリバー・クロムウェルは共和政を執ると様々な特権や産業統制を廃止し、1651年には仲介貿易におけるオランダの優位性の打倒を企図して航海条例を発布し、第一次英蘭戦争(1652年〜1653年)を引き起こしてオランダの海上権に打撃を与えることになります。

 さらに、イングランド軍がオランダの植民地となっていた北米のニューアムステルダム(現在のニューヨーク)において、オランダとの間で第二次英蘭戦争(1665年〜1667年)が起こりました。その結果、インド産の綿布(キャラコ)の大流行によって経済力を得ていたイングランドが勝利してニューアムステルダムはイングランド領となり、オランダは北米の拠点を失ってしまいました。

 そして、フランスがオランダ侵略戦争(1672年〜1678年)として始めたことにイングランドが参戦し第三次英蘭戦争(1672年〜1674年)では、イングランドの議会で、もし、オランダがフランスの手に落ちればイングランドはフランスの重商主義によって経済的に屈服させられると言う声が高まり、チャールズ2世親仏路線の撤回を求めました。結局このイギリスとフランスの間で第二次百年戦争(1689年〜1815年)が起ると、北米大陸を主として長い間に渡って数々の戦争を繰り広げて行くことになるのです。結果として優位に立ったイギリスは、後世「パックス・ブリタニカ」と呼ばれる繁栄の時代の基礎を築きました。





 さて、“フリーメーソン”の事を論ずる前に、原理の一節を明記しておく必要があります。


 中世は、封建制度とローマン・カトリックの世俗的な堕落からくる社会環境によって、人間の本性が抑圧され、自由な発展を期待することができない時代であった。

   (中略)

 法王と僧侶の干渉と形式的な宗教儀式とその規範は当時の人間の信仰生活の自由を拘束し、その厳格な封建階級制度は、人間の自由な信仰活動を束縛したのであった。そればかりでなく、僧侶の僧官売買と人民に対する搾取によって、彼等の生活は一層奢侈と享楽に流れた。従って、法王権は一般社会の権力機関と何ら変わりない非信仰的な立場に立つようになり、彼等は国民の信仰生活を指導することができなくなったのである。

   (中略)

 「信仰基台」を復帰する、内的な使命を果たすべきであった法王達の淪落によって、侵入したサタンを分立して、創造本性を復帰しようとした中世の人々は、その本性の内外両面の追求によって、中世的指導精神をカインとアベルの二つの型の思想の復古運動として分立させたのであった。その第一は、カイン型思想であるヘレニズムの復古運動であり、第二は、アベル型思想であるヘブライズムの復古運動である。



カイン型の人生観(文芸復興)

 神への帰依と宗教的な献身を軽んじ、すべてのことを自然と人間本位のものに代置させたのである。即ち、神に偏りすぎて自然や人間の肉身を軽視し、それらを罪悪視するまでに至った中世的な人生観から、理性と経験による合理的な批判と実証的な分析を通じて人間と自然を認識することにより、彼等の価値を高める人生観を確立したのである。

 人間の創造本性としての自由への追求人格の自主性を追求するようになり、理智と理性を追求するようになったと原理にはあります。

 腐敗したキリスト教指導者たちによって拘束されて行く中で、意外なところで燻っていた小さな火種がやがては炎となり、消し止められない大火となって行くのです。

 この様な“人本主義”を代表する思想家として原理では次の人物が挙げられています。

デカルト理性論) フランス(1596年3月31日〜1650年2月11日)
ベーコン経験論) イギリス(1561年1月22日〜1626年4月9日)
ハーバート理神論) イギリス(1583年〜1648年)



アベル型の人生観(宗教改革)

 ここでは、カントが主として採り上げられています。原理講論には、・・・

カント観念論) ドイツ(1724年4月22日〜1804年2月12日)

 お互いに対立してきた経験論と理性論を吸収して新たに批判哲学を打ち立て、内外両面を追求する人間本性の欲望を哲学的に分析して、哲学的な面でアベル型の人生観を開拓した。

 とあり、その他の思想家としては、

フィヒテカントの後継者) ドイツ(1762年5月19日〜1814年1月27日)
シュリング観念論) ドイツ(1775年1月27日〜1854年8月20日)
ヘーゲル観念論) ドイツ(1770年8月27日〜1831年11月14日)

等が採り上げられています。

 また、

 宗教界においては、当時の思潮であった合理主義の影響下の宗教界の傾向に反対して、宗教的情熱と内的生命を重要視し、教理と形式よりも神秘的体験に重きを置く、新しい運動が起こるようになった。

シュペーネル敬虔主義) ドイツ(1635年1月13日〜1705年2月5日)ルター派の牧師。
ウェスレイメソジスト派) イギリス(1703年6月28日〜1791年3月2日)
フォックス神秘主義) イギリス(1624年7月〜1691年1月13日)
スウェーデンボルグ神秘主義) スウェーデン(1688年1月29日〜1772年3月29日)

 アベル型人生観は成熟して、今日の民主主義世界をつくるようになったのである。

とあります。

(「原理講論 後編 第五章 メシヤ再降臨準備時代」より)




フリーメーソンについて(序章)


 フリーメーソンは、カイン型人生観の思想を背景にして、イギリスのロンドンで誕生しました。

 その思想は共産主義の誕生にも影響を及ぼしたと言われます。

 フリーメーソンの組織誕生の年は1717年、共産主義の生みの親であるマルクスの誕生した年は1818年ですから、ちょうど一世紀を経て無神論の思想が確立したと言えるのですが、その原点はキリスト教徒、それも腐敗したローマ教皇にあると言えるでしょう。

 デカルトの理神論を主として取り入れたメーソンは、その特異的な神観から反キリスト教会の立場をとるようになり、啓蒙思想を生み出すと「理性の光」としての輝きを放ち、人本主義を確立することによって無神論を定着させたのです。

 次のページに詳しく説明いたします。


フリーメイソン日本支部(日本グランドロッジ)

フリーメイソン用★聖書





新大陸発見−北米編 <トップ> フリーメーソンと文芸復興