復帰摂理歴史の真実

無料カウンター

神殿崩壊の意味するもの <トップ> 失われた10支族の行方

■ 第二章 第二節 イスラエル12支族
     f. 再創造摂理と復帰摂理の分岐点


1. 再創造としての復帰摂理

新版 統一思想要綱

 神主義とは、神の真理と愛を核心とする思想という意味であり、頭翼思想とは、右翼でもなく左翼でもなく、より高い次元において両者を包容する思想という意味である。神の愛を中心とした新しい価値観による愛の精神をもって、左の思想である共産主義からは、憎悪心、闘争心や物質主義を取り除き、右の思想である民主主義からは、利己主義、自己中心主義を取り除いて、対立する両者を和解せしめ、共同して、神と人類の宿願である理想世界の実現に向かって進むように導いてゆくための思想が、神主義であり、頭翼思想であり、統一思想である。(「まえがき」2014年7月再版より。なお、本文で掲載している内容は、2000年9月18日の初版発行を使用しています)

<参照>
 統一思想研究院



 (1) 創造原理と再創造原理

  @ 天使長ルーシェルとアダム

 ここでは、統一思想によって今までのことをまとめて見ましょう。
 神は、本性相と本形状の統一体ですが、本性相を夜の神様と表現し、本形状を昼の神様と表現していました。本性相は内的性相と内的形状の二性性相の統一体でる。
 つまり、神の本性相は、神の思考をもとに、構想を描き、計画を立てる神の意思であり、これをロゴスという。ロゴスは理性と法則の統一体である。
 さて、もう一つの神の本形状は、原力によって、素材(質量)的要素が、神の意思によって、森羅万象の被造世界が創造されました。ここで原力とは、神の最も本質である心情が本性相内の衝動力と本形状内の“前エネルギー(前段階エネルギー)”との授受作用によって形成された新しい力、つまり“愛の力”なのである。ちなみに、“心情”とは、「愛を通じて喜ぼうとする情的な衝動」であるため、神は被造世界を愛によって創造され、そこから喜びを満喫されようとされたのです。
 これらのことから、天使長ルーシェルの創造と人類始祖アダムの創造を考えてみると、次のように考えられます。
 神は天地創造に先駆けて、ご自身の本性相に似せて天使を創造されました(特に内的性相に似せて)。その後、ご自身の本性相に似せてアダムを創造しました。しかし、神の子女として創造されたアダムには、時間と空間の中で制約された中での肉身が必要となり、その肉身をもって自らの成長期間を全うし完成することを願われたのです。
 ところで、神の天地創造はこれで完成ではありません。神の本形状としてアダムの対象となるエバの創造がなくてはなりませんでした。これが創造主としての神の子女としての人類始祖である、アダムとエバの立場であり、自ら成長し完成することによって神の創造主としての権限を相続する立場に立つことができるのです。そのアダムとエバの関係は、アダムの個性真理体としての神に由来するアダムとしてのロゴスと一体となってエバは子女を産み増やし、神の愛の手のようにエバの慈愛によって育まれる永遠なるエデンの園を理想をし、喜びを願って天地創造されたのです。
 つまり、天使長ルーシェルは、神の本性相である内的性相に似せて創造された霊的長子、アダムは神の本性相そのものに似せて創造された霊的次子であると言え、天使(ルーシェル)は神の本性相としては未完成型であり、僕の立場であるため、陽陰の相対的立場では創造されなかったのです。それは、アダムとエバが神の似姿として完成するれば、神の僕としての立場が必要なくなり、天使界は男天使に対して、その対象として女天使が創造され、一体となったはずでした。

  A 至聖所は種、聖所は畑

 統一思想には、神の本性相と本形状を人間で例えると心と体に例えられるとあります。神の本性相に似せて造られたアダムの精神状態が、種としての精子に織り込まれていることを意味し、その種によって産まれた子供は、遺伝子的に体にはもちろんですが、心に多大な影響を受けて誕生するということです。

<参照>
 男性不妊と精神的ストレスの密接な関係とは
 ストレスレベルが高い男性は精子の質が低い?
 えっ!不妊の原因の50%は男性にあった!?男性不妊症の原因と対策

 エバ(母親)は、母胎(畑)の中で、血液に含まれる栄養素によって、受精した卵子の細胞は無数に増え、やがて同じ血液中のホルモンの刺激が作用して母親の喜怒哀楽を学んでいくのです。  ここで問題となるのは、母親の喜怒哀楽と、父親から受けた種(心の種としての精子)による一体感がどの程度かということでしょう。長子ほど父親の心の種の影響を受けやすく、末子ほど母親の喜怒哀楽の感性を受けやすいのです。そのため、長子ほど母親に反発しやすく、末子ほど父親に反発しやすくなる可能性が高くなります。そのようにして生まれてきたのが長子カイン、次子アベルでした。

  B 復帰原理における「信仰基台」と「実体基台」

 左図は、「『統一思想要綱』第一章 原相論 一 原相の内容」を図式化したものです。これまで論じてきたように、神は本性相と本形状の統一体であり、本性相は内的性相と内的形状の二つの部分からなっています。

   a) 3天使長

 内的性相には、知・情・意の三つの機能があり、「知」の機能には、感性・悟性・理性の能力があります。「情」は「知」によって得た事柄によって、喜怒哀楽が生じ、「意」はそのことのよって決心や決断を起こす能力のことで、ある行為を行おうとするまでの重要な心の機能といえます。
 この心の三機能としての知・情・意を司っていた天使長が知の天使長ルーシェルであり、情の天使長ミカエル、意の天使長ガブリエルでした。なかでもルーシェルは神が最も最初に創造した天使長で、心の発露となる重要な部分を占めていた存在でした。しかし、天使にとって、内的形状のそれぞれの要素は、天使が創造されて後、万物が創造されて以降、天使たちが見聞きしたもので、天使には備わっていませんでした。その段階に応じて神に、創造の偉業に対する“頌栄”を捧げる“僕”としての存在として神は創造されたのです。もちろん、創造する能力などは備えることなどなく、その対象となる存在すらなかったのです。

   b) 神の本形状とアダムとエバ

 天使は、神に喜びを返す存在ではなく、人間が喜びの対象として、神に似た子女として創造されました。それ故、その創造は神の本性相と本形状ともに備わっていなければならなかったのです。  神の本形状では、本性相によるロゴスと本形状の前エネルギーが授受作用することによって、形成エネルギーと作用エネルギーが生じます。形成エネルギーは直ちに粒子化して物質的素材となり、万物を形成します。そこに作用エネルギーが作用して、万物相互間に授ける力(遠心力)と受ける力(求心力)を引き起こします(原力)。そして原力が万物を通じて作用力(万有原力)として現れるのです。つまり、原力は授受作用を成す為の力であり、授受作用によって生じる力を万有原力といいます。  これらの事象によって神は宇宙・森羅万象が形成され、女性の胎中から子女が誕生するのです。これらの全てのことは、愛の根源である心情が土台となって成されるために、発生する万物全てに、物理的エネルギーのみならず、愛の力が複合されているのです。

   c) 象徴献祭における条件物と蕩減期間

 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。(創世記1章26節)


 神に似せて人間が創造されたというのは、聖書の創世記1章26節に「われわれ」と複数形で表現されていますが、これは天使たちを含めてこのように表現されています。つまり、前記したように神に似せて、不完全ではありますが、天使を創造し、神は自らの姿に完全に似せて人間を創造されました。
 天使と人間の違いの大きな点は、まず、内的形状を備えていない天使と備えた人間といえますが、堕落によってアダムは、内的形状の「原則」と「数理」の要素を失ってしまいます。

 堕落人間が創造目的を成就し得る基準を復帰するためには、まず初めに、人間始祖が立てることのできなかった、その「信仰基台」を蕩減復帰しなければならない。そしてその「信仰基台」を復帰するためには、次のような三種類の蕩減条件を立てなければならないのである。
 第一には、そのための「中心人物」がいなければならない。― 中略 ―
 その第二は、そのための「条件物」を立てなければならないということである。― 中略 ―
 その第三は、そのために「数理的な蕩減期間」を、立てなければならないということである。― 中略 ―(『原理講論』p278〜p280)


 『原理講論』では人間の堕落を、霊的堕落と肉的堕落として、第一の堕落である霊的堕落を天使長ルーシェルとエバとの堕落、第二の堕落をアダムとエバの堕落に位置づけて、長子カインを霊的堕落、次子アベルを肉的堕落の立場に立てて復帰摂理が行われたとしているが、実際は次のように考えた方が良く理解できる。
 左図を見て頂きたい。神は最初に天使長ルーシェルを創造され、最後にアダムを創造された。つまり、神に似せて創造されたという観点から、霊的にではあるが、天使長ルーシェルを長子、アダムを次子と置くことができる。これが創造の順序であるが、堕落後の復帰摂理では、長子カインを天使長ルーシェルの立場に、次子アベルをアダムの立場に立てて摂理を行った。これは創造の順番と逆の順番となる。アダムが堕落の張本人であるから、神は復帰摂理の「中心人物」として用いることができず、アダムの代役としてアベルを用いました。また、「中心人物」として用いるため、「信仰基台」を立てさせ、それを土台として、「実体基台」を立てるための要としてアベルを立て、カインを救済することが神の復帰摂理の目的であったとしています。しかし、これをよく見ると、まず第一に堕落した天使長圏の復帰のことであることが分かります。

 次に、アベルが神に捧げる「条件物」ですが、これは「格位的存在」としての確立による神との関係復帰と、「原則」としての規範法則(価値法則)としての家庭秩序確立のための前提となります。
 人間は最初に神の子女としての対象格位としての位置から出発します。『統一思想要綱』では、「対照格位は、主体の主管を受ける立場であると同時に、主体に喜びを返すことにその意義がある」としています。つまり、神に対して対象格位にある人間の生活の第一次的な意義は、神を喜ばせるところにあるというのです。
 人間は堕落したことによって神からの“み言葉”を受けられない立場に立ったため、自らの意思によって神に「条件物」を捧げて、対象格位としての立場を示すことが必要となったのです。この対象格位を示す上での「対象意識」は、アダムだけでなく、アダムを夫に迎えるエバはもちろんのこと、アダムとエバを親とするその子女たちも、まず最初に持たなければならないのはこの「対象意識」なのです。  この様な内容を「数理的な蕩減期間」として、ある一定期間立てなければならないとしたのが「信仰基台」であり、神の本性相に似るように与えられて、堕落によって失った「原則」と「数理」としての要素を、復帰するための象徴的献祭物だったのです。

   d) 実体献祭の本質

 堕落人間が創造目的を完成するためには、「信仰基台」を復帰した基台の上で、過去に人間始祖が成就し得なかった「完成実体」を成就しなければならない。しかし、堕落人間は、どこまでもメシヤを通して原罪を取り除かなければ「完成実体」となることはできない。ところで堕落人間は、上述した「信仰基台」を蕩減復帰した基台の上で、「実体基台」を立てることによって成就される「メシヤのための基台」があって、初めてその上でメシヤを迎えることができるのである。堕落人間は、このようにしてメシヤを迎えて原罪を取り除き、人間始祖の堕落以前の立場に復帰したのちに、神の心情を中心としてメシヤと一体となり、人間始祖が堕落したため歩み得ず取り残された成長期間を、全部全うして初めて「完成実体」となることができるのである。一方、「実体基台」を立てる場合においても、堕落人間が立てなければならないある蕩減条件が必要である。それがすなわち、「堕落性を脱ぐための蕩減条件」である。人間始祖は堕落して原罪をもつようになるに従って、創造本性を完成することができず、堕落性本性をもつようになった。ゆえに、堕落人間がメシヤを迎えて、原罪を取り除き、創造本性を復帰するための「実体基台」を立てるためには、まずその「堕落性を脱ぐための蕩減条件」を立てなければならないのである。(『原理講論』p280)


 さて、本性相の内的形状にある「規範法則」で、『統一思想要綱』の規範教育のところには次のようにあります。
 「人間の堕落が規範(神の戒め)を守らなかったことにあった(p360)」。この神の戒めとは、創世記2章17節の「善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」という聖句である。しかし、神がこれを言われたのはアダムに対してである。これを食べたのは、第一に天使長ルーシェルであり、第二にアダムである。故に、第一の堕落を天使長ルーシェルとエバとの霊的堕落であり、第二の堕落をアダムとエバの肉的堕落であるから、第二の堕落より、第一の堕落が悪なので、第一の堕落の立場にカインを、第二の堕落の立場にアベルを立てて、それぞれ悪の表示体と善の表示体に分立したとあるが、このルーシェルとアダムを堕落に陥れたのはエバである。
 天使長ルーシェルには、神の内的形状や本形状、ましてやルーシェルの陰的対象となる存在がなかったため自らエバを堕落に至らしめるエネルギー(行動を)起こすことは困難です。堕落は明くまでもルーシェルの誘惑にエバがその対象に立って授受作用を成したため互いに作用し合い堕落したのである。
 ところで、「善悪の実」というのは何であったか。『原理講論』には“エバの愛”とある(p103)が、エバが自らルーシェルに、アダムに愛を捧げた(食べさせた)のである。  このことは結局、アダムが神の戒めを守らない以前に、エバが神の戒めを犯したのである。しかも、対象意識を実らすことなく、主体としての意識に立ってだらくしたのです。それゆえに、エバがそうであったように、アベルも神の対象に立つ対称意識を持つことができず、アベルの供え物を神が取ったという外的な事実だけが、アベルをサタン的な権威となって、カインに服従を求めていくようになったのです。これは、後世に権威主義として世界的に拡散するのです。本来、“権威”とは、神の愛による権威であって、神の愛とは、父母が子女に与える無償の愛のことであり、この様な愛をアベルが、神に供え物を捧げたように兄であるカインに捧げていたならば、カインはアベルの供え物を神が取ったことを受けれて、アベルを祝福していたのかもしれません。しかし、結果は、真逆の“殺害”という結果になってしまったのです。



 (2) 復帰摂理の順序

  @ 復帰摂理上のアダム、その父と母

   a) 善の天使長復帰と長子権復帰


   b) アダム誕生のための母胎復帰


  A 復帰摂理の分岐点となった北イスラエルと南ユダの捕囚




神殿崩壊の意味するもの <トップ> 失われた10支族の行方